シェアする

種子骨障害の改善の糸口

5年前に母趾球周辺の痛みで整形外科に行くと種子骨骨折と診断されて安静にするように言われた、指示通り安静にしていたら時間は掛ったが次第に痛みがなくなって普通の生活に戻れた
それ以降気を付けていたが最近また同じ痛みが出るようになって再び整形外科へ

診断は、「種子骨障害、骨折の跡が炎症を起こし始めているので安静にするように」と言われて途方に暮れて相談に来られた

足の動きを見ると体重が足の乗り重心が前に移動すると種子骨を押してねじるような動きをしていた

ビデオでその動きを確認
母趾関節周辺の動きが分かり易いように絆創膏に線を引いて貼り付けてビデオを撮ってみた
体重が前に移動すると内側にねじれるように沈みこの動きが種子骨に大きな体重負荷をかけている様であった
この動きは、踵のバランス整え治して動きを改善すると種子骨への圧迫痛が変わった

ホームページに種子骨障害改善の事例が紹介されてますので下記をクリックして参照ください

種子骨障害の改善