シェアする

種子骨炎の痛みが無く走れました

病院からは「種子骨炎」と告げられ安静にするようにとの指示を受けた

痛みの原因は「種子骨周辺の炎症」と言われるがそれは何が原因なのかは教えてくれなかった

安静にするようにと言われて2ヶ月部活もできず安静にしてたが良くならない、いつまでこのままなのか見当もつかなく相談に来られた

足の動きを見るとまさに種子骨をつぶすようにして床面でこする動きになっていた

これでは種子骨周辺に負荷がかかりすぎ周辺への炎症を引き起こしやすい動きになっている

足の機能バランスを整えて、バランスを狂わせる固くなっている筋肉に柔軟性を与え足の動きがスムーズになるようにしたところ、痛みの出ない動きに変わった

この整った足のバランスを狂わせないためのインソールを作成してランニングシューズに入れて実際に走ってもらったところ、痛みが出なくなっていた

これまで走ることもできなかった種子骨の痛みから解放され、これから部活に行きますと元気いっぱいにお帰りになりました

『炎症はまだ収まっているわけではないので、毎日のストレッチだけは忘れないでください』

痛みが出やすい動きは、種子骨の改善の糸口を参照ください

種子骨障害の改善の糸口(ビデオあり)