モートン病の治療が無いのはなぜ?

もう何ヶ月も足が痛くて・・・・・・痛くなると歩くのが辛いが、あまり痛くない時もある

病院では、「モートン病」と診断されたが無理をしないで痛いときは休んでくださいと言うだけでどうしたら痛みが出なくなるのか、痛みを引き起こさない方法はないのか分からない

いろいろ悩んだ末に足の狂いを診てもらったら何とか新たな変化があるのではないかと相談に来られたそうだ

こうしたら痛いですと実際に痛くなる動きを見せてもらった

踵が上がる時に母趾の周辺と第2趾の周辺が痛くなる

カラダは常に肩から肩甲骨周辺と腰周辺に重だるい痛みが出る

仕事柄仕方ないのかと諦めていたが、疲れて来るとその痛みも増す

このようにすると痛いとという仕草から、多くの人は「モートン病」と診断されるようだが

痛い場所を細かく説明すると、「原因不明」となるようだ

これって患者としては不安になってくるだろう

しかし足の動きをよく見ると母趾の内側に強く負荷がかかり骨だけが外に押し出されるような動きになり皮下組織はまだ残っているような動きになる

『母趾球が上手く使えない』

この狂ったバランスを整えなおすと痛みが消えて素足で歩いても、素足にスリッパで歩いても痛みが出ない

『あぁぁぁ・・・これって重病ではないのですねぇ・・・・だって痛くないですもん』

と感想を頂いた

ところが実際に整った足で歩いていただくと腰周辺の動きが変わり背中、肩が楽になった

『えぇぇ、普通の人はこんな感じなんですかねぇ・・・・毎日の体の何とも言えない重いだるい痛みがなくなって体全体というか腰・背中がすっごく軽くなって楽です・・・もしかしてみんなこんなんですか?・・・・・・なにかとっても損をしていた気がします』

と、お言葉を頂きました

ストレッチを忘れないようにして、快適な毎日を過ごしてください