シェアする

変形性膝関節症の手術回避

膝が痛くなって悩んだ末に近くの整形外科(スポーツ整形で地元では有名な整形外科)で診てもらうと『変形性膝関節症』と診断された

痛みのある所は膝の内側で膝関節近くだがレントゲンを撮った結果、膝の関節の軟骨のすり減り具合が悪く改善はできないと言われ安静にすること膝に負担を掛けないようにと言われたが、それで痛みが続くようだったら手術しかないと言われた

スポーツ整形と聞いていたのでもっと違うトレーニングであるのかと思ったが、変形性膝関節症で痛みが引かないようであれば手術と聞かされると・・・・何かできないかと真剣に考え始めたそうで、相談に来られた

足もとのバランスが変わると膝の痛みが変わるのではないかと思うのですが・・・・・

まずは痛みが出る足の動きを診せて頂いた

が足炎患者』に良く見られる足の動きに似ていた

母趾球に巧く体重が乗らないせいか、膝を曲げるとどうしても膝が内側に入りねじれるように沈む動きをする

この動きを改善(足の筋肉を整えなおす)すると膝の動きが変わった

変化は素早く現れ膝を曲げる時に関節の動きが何かに引っかかるような動きに引っかかりを避けるように迂回する詰まったような動くが無くなりスムースに膝が曲がるようになった

膝が楽になり実際に片足立ちや、両足立ちをして膝を曲げてみたが楽に曲がるようになったことが確認できた

足もとが安定して膝がスムーズになると上半身の動きも安定した

この状態を維持するためには毎日1回1分のストレッチを毎日続けることが必要だが継続することで手術を回避することができる

痛みが出なければ手術しなければならない理由が無くなる

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします