シェアする

安易にインソールを勧めるのは問題あり

足の親指(母趾)周辺が痛くて病院に行くと「種子骨痛、種子骨二分離症」と言われた

主治医曰く、「二分離症は先天的なケースが多いが、インソールで何とか無理せずにいれば・・・・、これなんかいいですよとインソールを紹介してくれた

処方せんを受け取り調剤薬局に行き薬を受け取る時に主治医の指定したインソールも購入した

しかし、これが痛くて足の裏の外側辺りが痛くなり次第に腰の奥の方が痛くなり始めた

不安になって3日目にはそのインソールを使うのをやめた

しかし、まだ母趾周辺の痛みは消えない

これではどうにもならなくなるのではないかと不安になって来店された

足のバランスを整えなおして素足でフローリング上で立って歩いてもらったところ母趾周辺、種子骨の痛みは出なくなっていた

その足の型を採って足が崩れないインソールをご希望なのでお作りした

それにしても持参された主治医が紹介してくれたインソールを見せていただいたところなんとも酷いもので患者の足の状態に関係なくインソールが紹介されていたようだ

これで歩けば足は余計に痛くなると思えるものを平気でアドバイスするなんてヒドイものである

インソールはそれを使う人の足の状態をしっかり把握したうえでその状態が改善できるもので、なおかつ他の部位に悪影響を与えないものをアドバイスすべきと思う