シェアする

色々な治療を受けたが、原因は足でした

有痛性外脛骨でお悩みのお子様のお父さん

お子様の治療経過と変化から『問題は足ではないだろうか』相談に来られた

その経過とは、数か月前からくるぶし下側辺りに痛みがでるようになり痛みで部活ができなくなった

1.病院では「有痛性外脛骨」と診断を受けるがこれと言った治療がない

2.筋膜矯正が得意な整体院、ねん挫癖があると言ってそれを治す整体院、からだ全体のバランスを整える整体院に毎週通う

3.整骨院に通い治療を受ける、はじめは毎日行っていた

こんな感じで治療に通っていたが2か月経過して痛みは軽減できた感じがしたが運動を始めるとまた、同じように痛くなる

これでは部活ができないと思いいろいろ悩んだが・・・・・・

「治療を受けた後は痛みがなくなるが少し動くとまた痛くなる・・・・もしかしたら足のバランスが悪いのではないかと思うがどうだろうか・・・・」

という考えにたどり着きましたと来店された

素晴らしいお考えです

なんとかしてお子さんの足を良くしてやりたいといろいろお考えの末にたどり着いた結論は素晴らしいです

当ホームページにも紹介していますが「改善に必要な理解」で紹介している内容と同じお考えでした

素晴らしいです

実際に足のバランスを整えなおして、インソールを作成して実際に飛び上がったり軽く走ってみたところ痛みがほとんど出なくなっていた

あとは説明したストレッチはこまめに行っていただければもっとよくなると思います

それにしても素晴らしお父様でした