シェアする

足底腱膜炎ですが足の甲が痛い

踵周辺や足裏が痛いというと「足底腱膜炎」になってしまう

しかし、同時に足の甲(第五中足骨周辺)が痛いのだが、そこは不明と言われる

治療院によっては踵周辺と足に甲の痛みの周辺に鍼をさしてくれるが、治りそうな気配がない

そんな方の相談が最近増えてきている

足の動きを診ると確かに足底腱膜炎になる足の動きをしている

バランスが狂って踵が外側に逃げるように滑る、この動きが脚の前側を内側に沈めるように動くことで中足骨の動きのバランスを狂わせているようだ

この動きが、第4・5中足骨を捻るように動かすために間にある筋肉や足の甲を緊張させて痛みを生じさせるようだ

このバランスを整えなおすと足の動きが安定させひねりが出にくくなる

病名だけに頼らず、足の動きを診ていただければどこが悪く動いているかは簡単に把握出るのであるが、足の動きを診てくれるところがないようだ