シェアする

母趾球が使えると足・膝が変わる

足にしっかり体重が乗っておらず足もとが安定しないとお悩みの方が2018年年末に来店

「どこにどう力を入れてよいか分からない」と悩まれ「足の内側の骨が出てきている」と心配されていた

これはどの病院、医療機関、治療所に行っても自分の足診てみんな異なった診断をして治療が定まらない

『自分はどうして良いか分からない』と相談に来られた

まずは、現状を確認して不具合が起きている動きの原因あるものを見つけ改善

改善できた足を支えるソールを作成

これで毎日のストレッチを続けてい頂くようにお願いした

それから3日後に『歩き易くなったが、このまま良くなるのだろうか?』と経過報告相談メールが届く

2019年1月4日に 太腿とふくらはぎの痛みは良くなったと報告をいただいた

2019年2月20日に、少しずつ良くなっているようだがまだ母趾球が上手く使えない気がするし、膝の裏外側が痛くなると報告をいただく

2019年3月6日 再来店された時に足のバランスを整えなおしてソールに微調整を加える

2019年3月29日 再来店された時に

見事に開く足の写真をありがとうございました

足を見せて、趾が開くようになったと報告を受ける

『これまで開かなかった趾がこんなに開くいうになりました』

と、眼がキラキラと輝いていた

母趾球が自然に使えるようになると気が付いたら膝の裏の外側の痛みが出なくなって、足を見ると楽に趾が開くようになっている

もう一生治らないのではないかと思っていた昨年末に比べ今は、眼が輝いています

このままあきらめないで、続けてください

当方のお客様でもある、外科医師が『あきらめないと、つづけること』が最善の治療ですと言われるように、是非、続けてください

*足の改善に悩まれている方にも、変わってゆく経過を知り参考になればよいと思い

あえて経過をここに紹介しました 「あきらめないでください!」